購入

 AGM方式
密閉式バッテリーの二つの方式はジェル方式と吸着ガラスマット(AGM)方式があります。
この中で、原理的には、AGM方式がジェル式よりも優れていることは以前から知られていても、製法、コストなどに解決すべき問題が数多くありました。
コンコルド社は、多くの特許技術を開発、各種の特殊材料を採用するなど、高度のテクノロジとノウハウによりAGM方式を完成させ、同社のすべての製品をAGMに統一しました。
その結果今や米国の航空機市場では、独占的シェアを獲得しました。
 完全密閉方式
密閉度を高めることと、爆発を防ぐことは相反する課題です。すなわち、内部で発生する水素ガスは、使用サイクルの中で完全に水に還元することができれば、バッテリー液は永久に減ることはなく、しかも爆発もありません。
エポキシ樹脂でシールした、特殊な内部封止ケースを使用して、まさに手加工により注意深く生産されてゆきます。生産の最終行程では全製品について、完全充電後に、急速放電されたバッテリーは、再び内部圧力がかかるまで充電します。
ケースの驚異的な強度と、内部で発生したガスの完全再合成処理を可能にした内部構造により、漏液・ガス漏れや爆発を極限まで防いでいます。
 長寿命・メンテナンスフリー
自動車バッテリーと異なり、バッテリーバンクなどで使用する場合、水の定期的補給などは極めて困難です。ましてや、非常用電源などに使用する場合は、長年の間放置されていても、いざというときには、最高性能を発揮できなければなりません。
LIFELINEは、使用サイクルにより異なりますが、長期間の使用に耐えるまさしく長寿命・メンテナンスフリーバッテリーです。
 優れた使用性
過酷な使用条件に耐える数々の配慮がなされています。例えば、周囲温度に対する性能曲線は、低温度から高温度まで広い範囲での性能が保証されています。寒冷地での屋外使用から、高温度の環境まで心配なく使用できます。
取付・設置方法も自由です。極端な例では、逆さま吊りもOK。狭いスペースを有効に利用できます。
また、万一本体が水没しても何らの支障もありません。言葉通り、LIFELINEを象徴する使用性能です。
 優れた電気的性能
・従来型に比べ充放電回数の飛躍的向上
 (ジェル型の2倍以上)
・最高に早い充電時間
 (電圧規制により、電流制限は無し)
・ディープサイクル
 (充電量0%近くまで放電可能な厚い正電極プレート)
・顕著な高電流出力性能
 (航空機用として開発されたセル構造による、極めて低い内部抵抗)
・最高の充電電力保持効率
 (特に電解液浸水型に比較して)
・最低の自己放電率
 (月当たり3パーセント以下)
・出荷が容易
 (全て宅急便扱い可能)
・耐衝撃と耐振動性あり
 (電極は分離用裏板で完全に保護されている)
 

 


バッテリー温度特性 充電電圧対周囲温度特性
解説:寒冷地においても高い性能を発揮します。
-25度でも50%の容量を使うことができます。
解説:充電に適切な電圧はバッテリー周囲温度の環境によって変わります。上図はフロート充電時の値。
ライフサイクルの能力比較 放電持続時間特性
解説:耐久性において代表的なジェルバッテリーと比べてライフラインAGMバッテリーは高い性能を示しております。
深度50%を使う場合、ジェル方が400回前後に対してライフラインは2倍の800回前後の使用に耐えます。
解説:1分間に放電する電流の量による機種ごとのライフサイクルを表します。
バッテリーの充電・放電特性  


解説:例えば1000回のライフサイクルでの使用を検討する時「ライフサイクルの能力比較」内の赤ラインを見ていただくとライフサイクル1000回の時、放電の深さは50%になっております。左図の放電電圧(緑ライン)の50%を見ていただくと放電の深さ50%の電圧は12.0Vになっております。すなわち満充電から12.0Vまで放電したら充電に切り替えるサイクルを繰り返すと充放電1000回までの寿命が得られます。※深度について:左図の深度30%は上図の70%、左図の深度20%は上図の80%となります。

   

 

TOP製品一覧特徴種類と比較取扱上の注意アクセサリー購入

会社案内プライバシーポリシーについて


ゼファー株式会社  Zephyr Corporation
Copyright (C) 1998-2010 Zephyr Corporation. All rights reserved.